週報:K

ざっくり、霧矢さん情報を振り返る。

いま「次」を待っていられるというしあわせ(週報2015/4/20〜26)

みなさんコットンクラブのライブ取れましたか?「もし予約できなかったらどうしよう…」と、もしかしたら一番緊張したのではないかというひとときでした。あっという間に売り切れになりましたが、なんとか確保できて安心しました。まだ確保できていない方がキャンセル戻り分等で無事行けますように、お祈りしております。

今週の出来事といえば、あのラストデイからまる三年経ったというのが大きかったです。

今年の4/22もちょうど雨が降っていたりしたので、あの日も雨が降って寒かったけど、素敵なラストデイだったな…ということを思い出していました。
退団後のスターさんのはばたき方は人それぞれで、もしかしたらこれまでのファンがアクセスしづらいところへ羽ばたいていた可能性もあったわけですが、3年経って今、次の公演を楽しみに待っていられることをとても幸せに思いました。
宝塚ファン時代の習性から、「もう少し定期的に何らかの発信があってもいいのに」とつい考えてしまうのですが、きっちりと情報をコントロールして余計なプライベートは明かさないという姿勢を貫いておられるので、夢を見せる者としてはそういう方法もひとつの答えではないかと思います。
5月になったら「Au Revoir TOKYO KAIKAN」のスカイステージでの放送があるので、きっと6月もすぐ巡ってきてしまうのでしょうね。
なんだか今回はとても情報ではない内容になってしまいました。
広告を非表示にする