週報:K

ざっくり、霧矢さん情報を振り返る。

講師という響き(週報2017/08/14〜21)

もう1ヶ月後のはなしですが、9/25に朝日カルチャーセンター新宿にて開催される講座(1回完結)に霧矢さんが登壇されるそうです!22日から申込開始だそうです!ちょっと「講師」という響きにドキッとします。

【講義のみ】ネリー・アルカンの世界| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター

9/25 19:00-20:30 (1回)
「ネリー・アルカンの世界 愛と激情に生きた作家」

講師:
元宝塚月組トップスター 霧矢 大夢
翻訳家 松本 百合子

 

 

「THE LAST FLAPPER」(2017)関連

稽古の様子が、アン・ラトさんのtwitterから伝わってきます。

 

 

 

「この熱き私の激情」(2017)関連

特設ページがオープン。各部屋と、役柄の紹介も含まれています。小説、映画、そして舞台と続く大きなプロジェクトなのですね。

振り返るとイープラス貸切(11/11昼)回には映画の鑑賞券もつき、小説は観劇時にいただけて、アフタートークもある(これは小説の翻訳者さんと霧矢さんとのお話なので、予め買って読んでおいた方がいいのかもしれません)ので、満喫コースなのだなと改めて思いました。

霧矢さんは「血の部屋の女」。どんな世界になるのでしょうか。

www.parco-play.com

 

広告を非表示にする